コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漁場入札制 ぎょじょうにゅうさつせい

1件 の用語解説(漁場入札制の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょじょうにゅうさつせい【漁場入札制】

漁場を入札で決める制度であるが,これには二つの形態があった。第1は漁場賃貸の場合に,その賃貸料と借主すなわち漁業経営者が競争入札で決定される形態である。漁場占有利用権者が漁業経営者でない場合に,江戸時代でも,明治以降でもよくみられ,とくに大型定置網漁場などで広く知られている。第2は明治初年の漁場制度の一部にみられた形態である。岩手県では1875年(明治8)以降10年代にかけて,場所を固定する排他独占性の強い主要漁場の占有利用権者を決定するとき,その漁場の税額を競争入札させ,落札者にその漁場の占有利用権を与える制度を採用した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

漁場入札制の関連キーワード指名競争入札従業員持ち株制度措置制度談合日取り入札書ポスティングシステム(入札制度)競売入札妨害罪総合評価方式入札長期病欠職員を巡る談合事件

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone