コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漁場入札制(読み)ぎょじょうにゅうさつせい

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょじょうにゅうさつせい【漁場入札制】

漁場を入札で決める制度であるが,これには二つの形態があった。第1は漁場賃貸の場合に,その賃貸料と借主すなわち漁業経営者が競争入札で決定される形態である。漁場占有利用権者が漁業経営者でない場合に,江戸時代でも,明治以降でもよくみられ,とくに大型定置網漁場などで広く知られている。第2は明治初年の漁場制度の一部にみられた形態である。岩手県では1875年(明治8)以降10年代にかけて,場所を固定する排他独占性の強い主要漁場の占有利用権者を決定するとき,その漁場の税額を競争入札させ,落札者にその漁場の占有利用権を与える制度を採用した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android