コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漁場制度 ぎょじょうせいど

1件 の用語解説(漁場制度の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょじょうせいど【漁場制度】

江戸~明治期の漁業はほとんど沿岸漁業であり,天然の水域に生息繁茂している魚介藻類を採取する産業であった。その魚介藻類は漁場に付着して移動しないものもあるが,根付きの魚類にしてもかなりの移動は避けられないし,また広範な水域を移動する回遊魚も少なくない。もともと海流・潮流など水自体の移動もあり,水域は陸地と異なりはっきりした区域設定の困難なものであるが,さらに漁獲対象となる魚類が移動するのであるから,漁場はきわめて流動的なものとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の漁場制度の言及

【漁業】より

…また建網(定置網類)は水中に垣網をたてて回遊魚群をふくろ網に誘導,捕獲する漁網であり,江戸時代に著しく発達したが,これにも漁夫数十人を要する大型漁網が少なくなかった。 これらの漁業の経営を述べるには,まず漁場制度に触れなければならない。漁業は天然に生息する魚介藻類を採取する産業であるから,そのための場である漁場がひじょうに重要である。…

※「漁場制度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone