コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漁礁 ぎょしょう fishing reef

2件 の用語解説(漁礁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漁礁
ぎょしょう
fishing reef

海底の浅い高まりの部分。地形の影響で上昇流や下降流が生じて海水の循環がよく,栄養塩類に富み,プランクトン類の繁殖が盛んである。そのため漁場として利用される。コンクリートブロック,廃船などを沈めて人工漁礁をつくることも行なわれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漁礁の関連キーワード地形輪廻副低気圧海膨(かいぼう)打ち乱りの箱水盤底部浅鍋半簠ぼんのくぼ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

漁礁の関連情報