コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漁礁(読み)ぎょしょう(英語表記)fishing reef

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漁礁
ぎょしょう
fishing reef

海底の浅い高まりの部分。地形の影響で上昇流や下降流が生じて海水の循環がよく,栄養塩類に富み,プランクトン類の繁殖が盛んである。そのため漁場として利用される。コンクリートブロック,廃船などを沈めて人工漁をつくることも行なわれている。(→漁場改良

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android