コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漁場改良 ぎょじょうかいりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漁場改良
ぎょじょうかいりょう

水産資源の減少をくい止め,生産を増加するための漁場の改良。コンクリート製の人工漁礁や人工の干潟藻場造成などにより魚介類の産卵,成育に適するようにしたり,消波堤を築いて波の静かな養殖場を造成したりする。海水の汚濁埋立地干拓地の造成による天然海岸の減少,さらに乱獲などによる沿岸漁場での水産資源の減少が指摘されるようになり,漁場改良の重要性が増している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android