コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漂礫粘土 ひょうれきねんどboulder clay; till

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漂礫粘土
ひょうれきねんど
boulder clay; till

氷礫土,氷成砂礫,漂石粘土ともいう。氷河によって浸食,運搬された分級されない礫,砂,粘土から成る堆積物の総称。氷河が流動して,岩盤が削り取られてできた大小岩石の破砕物が,氷河の末端で氷が解けて流されるとき,流水の分級作用が少いので大小混って堆積する。礫は円磨されず,堆積物は層理を示さない。漂礫粘土が固結した岩石を漂礫岩という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

漂礫粘土の関連キーワード氷成堆積物氷礫土

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android