漆部司(読み)ぬりべのつかさ

大辞林 第三版の解説

ぬりべのつかさ【漆部司】

律令制で、大蔵省に属し、器物・仏像・絵画等の漆塗りを担当した官司。808年、中務省内匠寮に併合。うるしべのつかさ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の漆部司の言及

【ウルシ(漆)】より

…586年ころ物部氏の下に漆部造兄の名が知られ,組織的に漆器が造られたと考えられる。大宝令(701)では大蔵省の下に漆部司をおき,漆部20人を擁し,出雲や遠江などの地方にも漆部が置かれた記録がある。仏教の隆盛は漆の消費を促し,賦役としてクワ300根に対しウルシ100根の植栽が義務づけられた。…

※「漆部司」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android