コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内匠寮 ウチノタクミノツカサ

7件 の用語解説(内匠寮の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うちのたくみ‐の‐つかさ【内寮】

たくみりょう(内匠寮)

たくみ‐づかさ【内寮】

内匠寮(たくみりょう)1

たくみ‐りょう〔‐レウ〕【内匠寮】

令外(りょうげ)の官中務(なかつかさ)省に属し、宮中の器物・造営、殿舎の装飾をつかさどった役所。うちのたくみのつかさ。たくみづかさ。
宮内省の部局の一。庭園・土木・建築に関することを管掌。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

内匠寮【たくみりょう】

中務(なかつかさ)省所属の令外官。728年設置。多数の技術者を擁して宮中・朝廷の調度の作成などにあたった。職員は頭(かみ)・助(すけ)・大允(だいじょう)各1人,少允2人,大属(だいさかん)1人,少属2人,史生(ししょう)8人ほか。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たくみりょう【内匠寮】

728年(神亀5)設置の令外官。中務(なかつかさ)省に所属し,頭・助・大允・少允・大属・少属のいわゆる四等官,その下に史生・使部,各種匠手(たくみ)を置き,巧匠・技芸の事をつかさどる。〈内〉の字を用いることから知られるように,もっぱら宮廷の需要に応じるための官庁。774年(宝亀5)大蔵省の典鋳司を併合,796年(延暦15)錦・綾・羅(うすはた)等を織る匠手20人を中務省の内蔵寮へ分割,808年(大同3)中務省の画工司,大蔵省の漆部(ぬりべ)司を併合。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たくみづかさ【内匠寮】

たくみりょう【内匠寮】

728年設置の令外官。中務省に属し、調度の作製・装飾をつかさどった役所。たくみづかさ。うちのたくみのつかさ。
旧制で、宮内省の部局名。宮殿などの建築・土木・造園などを管掌した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の内匠寮の言及

【織物】より

…この結果,地方にも紋織の技術が普及し,織物の一層の発展をみるに至った。中央官庁では中務省所管の内匠寮(たくみのりよう)でも錦や綾や羅が生産されていたが,それらは内匠寮の職掌から考えれば衣料以外の装飾用裂地等であったとみられる。以上のような生産組織で作られた織物の内容は,正倉院の伝世品によってほぼ概要を知ることができる。…

※「内匠寮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

内匠寮の関連キーワード文章博士観察使外任令外令外の官員外官等外官阿倍安麻呂守部大隅長屋王願経

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内匠寮の関連情報