コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官司 カンシ

デジタル大辞泉の解説

かん‐し〔クワン‐〕【官司】

役人。官吏。
役所

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんし【官司】

役所。
役人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の官司の言及

【所司】より

…古代,中世の官司・官人の一つ。(1)奈良・平安時代に,ある事柄を担当する官司,あるいは官人の意味で用いられた言葉。…

【太政官庁】より

…〈だじょうかんちょう〉とも読む。略して〈官庁〉ともいい,また〈官司〉ともいう。律令官制としての太政官の少納言局(その下僚に外記がいるので,外記局ともいう)と弁官局に所属する官人は,本来,朝堂院(八省院)内の暉章堂を執務の場としたが,律令体制の整備に伴う機構の拡充と官人の増加により,朝堂院外に政庁を持つに至った。…

※「官司」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

官司の関連キーワード長官の殿長官の君主計寮山作所衛士府計会帳謄勅符鋳銭司玄蕃寮造宮省公廨稲内膳司主水司左の司土工司主馬署右の司諸司田内礼司典薬寮

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

官司の関連情報