官司(読み)かんし

精選版 日本国語大辞典「官司」の解説

かん‐し クヮン‥【官司】

〘名〙 役人。また、役所
※続日本紀‐慶雲四年(707)一二月辛卯「斯則所在其次」 〔春秋左伝‐隠公五年〕

かん‐の‐つかさ クヮン‥【官司】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「官司」の解説

【官司】かん(くわん)し

官職。役人。〔左伝、僖十五年〕、晉う。之れに(おく)る。~是(ここ)に於て、秦始めて晉の河東を征し、官司を置く。

字通「官」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の官司の言及

【所司】より

…古代,中世の官司・官人の一つ。(1)奈良・平安時代に,ある事柄を担当する官司,あるいは官人の意味で用いられた言葉。…

【太政官庁】より

…〈だじょうかんちょう〉とも読む。略して〈官庁〉ともいい,また〈官司〉ともいう。律令官制としての太政官の少納言局(その下僚に外記がいるので,外記局ともいう)と弁官局に所属する官人は,本来,朝堂院(八省院)内の暉章堂を執務の場としたが,律令体制の整備に伴う機構の拡充と官人の増加により,朝堂院外に政庁を持つに至った。…

※「官司」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android