コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漢画派 カンガハ

デジタル大辞泉の解説

かんが‐は〔カングワ‐〕【漢画派】

鎌倉末期以降に興った、宋元画の水墨技法を中心とした絵画様式の流れをくむ画家たちの系統。如拙(じょせつ)周文雪舟などから初期の狩野派までを含む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんがは【漢画派】

鎌倉末期以後、如拙・周文・雪舟らによって興った宋元風の水墨画の系統。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の漢画派の言及

【長崎派】より

…(1)黄檗(おうばく)派は,黄檗宗の中国僧によって伝えられた写実的な高僧肖像画を学び,喜多元規らの肖像画家を生んだ(黄檗美術)。(2)漢画派は,1644年(正保1)に来朝した黄檗僧逸然(1600か01‐68)を祖とし,河村若芝(1629か38‐1707),渡辺秀石(1639‐1707)らが謹厳な北宗画風の絵を描き,秀石は唐絵目利職につくなど,長崎派の主流となった。(3)南蘋(なんぴん)派は,1731年(享保16)に渡来した沈銓(しんせん)(南蘋)にはじまる。…

※「漢画派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

漢画派の関連キーワード河村若芝曾我直庵長谷川派曾我派水墨画長崎派逸然如拙漢画