コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

如拙 じょせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

如拙
じょせつ

室町時代の画僧。応永年間 (1394~1428) を中心として,将軍家の側近で活躍したことが確認される。伝記不明。相国寺の僧と推定され,宋元画を学んで日本の水墨画を開拓。将軍足利義持の命で座頭屏風として描いた妙心寺退蔵院蔵の国宝『瓢鮎 (ひょうねん) 図』は,31人の禅僧の賛があり,禅機図詩画軸の代表例。またこれは本格的な山水を取入れた日本における最初期の水墨画として重要である。ほかに『三教図』 (両足院) ,『王羲之書扇図』などの遺品がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

如拙【じょせつ】

室町時代の画家。生没年,経歴は不詳。《三教図》のから,〈如拙〉は絶海中津から与えられた号であること,また,唯一の確かな作品とされる退蔵院蔵の水墨画瓢鮎図(ひょうねんず)》のから,この作品が15世紀初めに足利将軍(義持?)の命を受けて小屏風(びょうぶ)に描いたものであることなどがわかる。
→関連項目禅宗美術明兆

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

如拙

生年:生没年不詳
室町前期の相国寺の画僧。周文の師に当たり,足利将軍家と密接な関係にあった。「三教図」(両足院蔵)の絶海中津による賛文によれば,「大巧は拙なるが如し」の意からこの名を得たという。瑞渓周鳳の『臥雲日件録』によれば,応永21(1414)年から25年にかけて,相国寺の開山夢窓疎石の碑を建てる計画に参画しており,石材を求めて四国に出向いたことが知れる。室町前期水墨画の記念碑的作品「瓢鮎図」(退蔵院蔵)は,大岳周崇の序文により,「大相公」(足利義持)が「如拙をして座右の小屏に新様をもつて画かせた」ものであることがわかる。現在掛幅に改装されているこの図は,当初座屏の表裏であったものを上下につなぎあわせたものである。また,この「新様」についてはさまざまな解釈が可能だが,一般に当時輸入されていた梁楷,馬遠などの中国南宋院体画の様式を摂取したと解されている。なお大岳周崇の序文に続いて,当時の五山の名僧31名が題詩を寄せている。如拙の現存作品は他に「王羲之書扇図」(京都国立博物館蔵)が知られるのみであるが,いずれの作品も南宋院体画に対する深い理解に基づく高度な技法によるものであり,如拙の画技が前代までの禅僧の余技とは一線を画す本格的なものであったことを示す。如拙および周文の相国寺画系は15世紀の水墨画の基本的指針を形作り,雪舟にも大きな影響を与えた。<参考文献>『日本美術絵画全集』2巻,島尾新「瓢鮎図の研究」(『美術研究』335号)

(山下裕二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょせつ【如拙】

室町時代の禅宗画家。生没年不詳。〈にょせつ〉ともよばれ,応永年間(1394‐1428)に活躍期をもつ。足利将軍家と関係の深い相国寺開山の建碑計画に参与している。《三教図》(両足院)に著讃している絶海中津の讃文によれば,〈大巧は拙なるが如し〉の意から大巧如拙の名を得たという。代表作《瓢鮎(ひようねん)図》(退蔵院)は,足利将軍(義満あるいは義持)が〈如拙をして座右の小屛に新様をもって画かせた〉ことが讃文に記されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じょせつ【如拙】

室町時代の画家。相国寺の禅僧というが、伝・生没年未詳。宋の画風を取り入れ、室町時代の水墨画の先駆をなす。妙心寺退蔵院蔵「瓢鮎ひようねん図」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

如拙
じょせつ

生没年不詳。室町時代の応永(おうえい)期(1394~1428)に活躍した京都・相国寺(しょうこくじ)の画僧。当時相国寺にあった周文の師とも伝えられる。4代将軍足利義持(あしかがよしもち)の指導と援助で数々の画作に従事したと推定され、初期水墨画壇の中枢的役割を果たした。生前より画名高く、のちに長谷川等伯(はせがわとうはく)は『等伯画説』のなかで如拙を唐様(からよう)(宋元画(そうげんが))の開山と評し、その水墨画史上での指導的地位に言及している。如拙の号は、同時代の名僧絶海中津(ぜっかいちゅうしん)が「大巧(たいこう)なるがし」の意から命名したという。代表作に『瓢鮎図(ひょうねんず)』(国宝、京都・退蔵院)がある。これは「円くすべすべした瓢箪(ひょうたん)でぬるぬるした鮎(なまず)をおさえるには如何(いかん)」という禅の公案を図示したもので、将軍義持の命で制作されたもの。図上に大岳周崇(たいがくしゅうすう)、玉梵芳(ぎょくえんぼんぽう)など当時の五山を代表する禅僧31名が詩を寄せている。余白を大きくとった辺角景(へんかくけい)構図法や減筆の手法など、宋の院体画に学んだことが明らかで、以後のわが国の水墨画の進むべき道を決定づけた作品である。これ以外の如拙の作としては、『王羲之書扇図(おうぎししょせんず)』(京都国立博物館)、『三教図』(京都・両足院)などが著名。[榊原 悟]
『松下隆章著『日本美術絵画全集2 如拙/周文』(1981・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の如拙の言及

【如拙】より

…足利将軍家と関係の深い相国寺開山の建碑計画に参与している。《三教図》(両足院)に著讃している絶海中津の讃文によれば,〈大巧は拙なるが如し〉の意から大巧如拙の名を得たという。代表作《瓢鮎(ひようねん)図》(退蔵院)は,足利将軍(義満あるいは義持)が〈如拙をして座右の小屛に新様をもって画かせた〉ことが讃文に記されている。…

※「如拙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

如拙の関連キーワード岳翁蔵丘琴棋書画村田光窿北山文化山水画漢画派宗泉宗湛先駆

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

如拙の関連情報