風格(読み)ふうかく

精選版 日本国語大辞典「風格」の解説

ふう‐かく【風格】

〘名〙
① その人の風采と品格。ひとがら。人品。
※真愚稿(1422頃か)丁酉正月次有章侍者試筆之韻「雪清詩思照春庭、風格孤高逼紫冥
※家族会議(1935)〈横光利一〉「大臣の風格を備へてゐる」 〔晉書‐和嶠伝〕
② 味わい。独特のおもむき。風趣。
※或る女(1919)〈有島武郎〉前「漢学者らしい風格の、上手な字で」 〔顔氏家訓‐文章〕
③ 風俗。風習。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一二「後世の風格(〈注〉フウゾク)を模造するものとなるべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「風格」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「風格」の解説

【風格】ふうかく

ひとがら。品格。〔顔氏家訓、文章〕古人、宏材氣、體度風格り。今を去ること實にし。

字通「風」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android