コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漢魏叢書 かんぎそうしょ Han-wei cong-shu

2件 の用語解説(漢魏叢書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漢魏叢書
かんぎそうしょ
Han-wei cong-shu

中国,明代に編纂された叢書。程栄の編。万暦 18 (1590) 年頃成立。漢,魏,六朝時代の書 38種を経,史,子の3部に分けて収めたもの。少し遅れて万暦末年頃,何允中が 76種にふやして『広漢魏叢書』をつくり,さらに乾隆 56 (1791) 年,清の王謨 (おうぼ) が 86種を収めた『増訂漢魏叢書』を編集した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かんぎそうしょ【漢魏叢書 Hàn Wèi cóng shū】

中国,漢・魏・六朝時代の著作を集録したもの。明の程栄が編纂し38種を収める。叢書というのは,一度世に出た単行の書を集め総名を冠して再出版したもので,書舗による営利出版の性格が強い。本書が好評を博したので,明の何允中による76種本《広漢魏叢書》,清の王謨の94種本《増訂漢魏叢書》など約8種類の漢魏叢書が続々と出版されたが,テキストとしての価値は程栄のものに劣る。なお叢書という名が出版物の一形式を示すものとして広まったのは本書に始まる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

漢魏叢書の関連キーワード呉起志怪徐禎卿白鳥庫吉子思子六国六朝文化著作集太祖(魏)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone