単行(読み)タンコウ

デジタル大辞泉の解説

たん‐こう〔‐カウ〕【単行】

[名](スル)
単独でおこなうこと。また、単独で行くこと。
「凡そ人生の細事、各々―すれば、甚だ緊要ならざるに似たり」〈中村訳・西国立志編
それだけを独立しておこなうこと。多く他の語と複合して用いる。「単行犯」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たんこう【単行】

( 名 ) スル
一回だけ単独で行うこと。単独に行うこと。多く他の語と複合して用いる。 「 -本」 「 -犯」 「実業之世界社から-して貰ふことになつた/発展 泡鳴
ひとりで行くこと。ひとりで行うこと。 「吾輩悪いづくんぞ君を-せしむべけんと/八十日間世界一周 忠之助

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たん‐こう ‥カウ【単行】

〘名〙
① (━する) 単独で行なうこと。個人で行動すること。ひとりで行くこと。
※延喜式(927)七「凡造大甞宮者。前祭七日。神祇官中臣。忌部二官人依次立。率悠紀国司及雑色人等一列。亦中臣。忌部相別。率主基国司以下。准上皆単行」
※墨汁一滴(1901)〈正岡子規〉六月六日「午前三時、単行の汽罐車通る」 〔後漢書‐李郃伝〕
② 一回だけ単独に行なうこと。「単行本」「単行法」「単行犯」など、他の語と熟して用いる。〔現代大辞典(1922)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

単行の関連情報