コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潜まる ヒソマル

デジタル大辞泉の解説

ひそま・る【潜まる】

[動ラ五(四)]
見えないように隠れる。「魚が岩の陰に―・っている」
静かになる。ひっそりする。
「鳥は…皆何処にか隠れて―・りかえっていたが」〈二葉亭訳・あひゞき
眠りにつく。
「物もものしたばで、―・りぬ」〈土佐

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひそまる【潜まる】

( 動五[四] )
外から見えないようになる。 「如何な不了簡が-・つてゐるかも知れぬ/浮雲 四迷
ひっそりとなる。しずかになる。 「 - ・り返った校庭」
ねむりにつく。 「心地あしみして、物もものし給たばで、-・りぬ/土左」 〔「潜める」に対する自動詞〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

潜まるの関連キーワード潜める土左四迷

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android