コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あひゞき アイビキ

世界大百科事典 第2版の解説

あいびき【あひゞき】

二葉亭四迷の翻訳小説。1888年(明治21)《国民之友》に2度に分載。原作はロシアのI.S.ツルゲーネフの短編集《猟人日記》の1編。秋9月中旬,主人公は白樺林の中で偶然,地主の従僕に捨てられる可憐な農夫の娘の最後のあいびきの場面を目撃し,娘の姿が脳裏に刻まれる。とくに前半部では,自然が主人公の位置から主体的に観察されている。また意味だけではなく,〈原文の音調〉を移すため句読点の数まで意識して訳出されており,生硬な訳語がかえって清新な詩情と近代文学の自然把握の眼を人々に印象づけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あいびき【あひゞき】

二葉亭四迷が翻訳したツルゲーネフ原作の「猟人日記」中の一編。1888年(明治21)発表。言文一致体。96年全面改稿して、翻訳集「片恋」に所収。ロシア文学紹介の先駆。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

あひゞきの関連キーワード新谷 敬三郎二葉亭 四迷言文一致体狭みする空空寂寂遣り放し潜まる日の目乾びる武蔵野気ざし忍び音偃蹇様子此方其方所収一編片恋拘攣

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android