コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮汐割れ目 ちょうせきわれめtide crack

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

潮汐割れ目
ちょうせきわれめ
tide crack

定着氷基部で,海岸や海底に固着した部分と,水面昇降に伴って動く部分との境付近にできる割れ目海岸線の位置を概示するものとして重要であるが,上陸行動の妨げとなることが少くない。1条に限らず,並行して2~3条つくられていることもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android