コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潰瘍癌 かいようがんulcerous cancer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

潰瘍癌
かいようがん
ulcerous cancer

胃癌を肉眼的に分類すると,(1) ポリープ状隆起癌,(2) 潰瘍形成癌,(3) 浸潤を伴う潰瘍形成癌,(4) 浸潤型癌に分けられる。このうち (2) ,(3) を潰瘍癌というが,良性の胃潰瘍が癌化したものを潰瘍癌と呼ぶこともある。胃潰瘍は再発しやすく,胃粘膜に生じた欠損を補うために上皮細胞の増殖が繰返されるうち,異常増殖が起って癌になると考えられるが,胃潰瘍から癌になる率は統計によりまちまちで,数値にかなりの開きがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

潰瘍癌の関連キーワードマックニーア分類法人間ドック

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android