コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濃色 のうしょく

大辞林 第三版の解説

のうしょく【濃色】

濃い色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の濃色の言及

【染色】より

…カチオン染料は一般にpH3~5の酸性浴で染められるので,まず染料を少量の60%酢酸で練り,40~50倍量の沸騰水を加え溶解し,50℃とし,これに助剤として酢酸ナトリウム,60%酢酸,無水ボウ硝,界面活性剤を加えて染浴とする。50℃でアクリル繊維を入れ80℃に昇温,さらにゆっくり沸騰させ,淡色で30~60分,濃色で60~120分沸騰染色後,徐冷して水洗する。
[捺染]
 捺染は織物上に染料を含む捺染のりを印捺して模様染を行うことである。…

※「濃色」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

濃色の関連キーワードミヤマクワガタ(植物)スポッテッド・タビーチョークストライプティップド・カラーハーフアンドハーフメチルバイオレットサンゴテッポウエビシェパードチェック暈し染め・暈し染アシナガサラグモコシジロヤマドリカバートクロスサルピグロシスアサヒスタウトディナール人種イソアイナメリウコ化合物ホソヒラムシ藍染め・藍染ワシミミズク

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

濃色の関連情報