コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬下敬忠 せじも のぶただ

1件 の用語解説(瀬下敬忠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬下敬忠 せじも-のぶただ

1709-1789 江戸時代中期の国学者。
宝永6年生まれ。信濃(しなの)(長野県)佐久郡野沢の庄屋瀬下敬豊の子。詩歌俳諧(はいかい)をよくした。郷土史を研究し,「千曲之真砂(ちくまのまさご)」「長春随筆」などをあらわした。寛政元年6月4日死去。81歳。字(あざな)は子信。通称は園右衛門。号は鶴巣(叟),玉芝など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

瀬下敬忠の関連キーワード曲芸徳川家宣徳川綱吉元禄時代東山天皇徳川綱吉東山天皇徳川綱吉東山天皇フランス文学史

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone