コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郷土史 きょうどし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

郷土史
きょうどし

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の郷土史の言及

【地方史】より

… しかしその後,府県や郡単位の史書が刊行される気運が生じて《北海道志》《山梨県市郡村誌》(ともに1892),《大阪府誌》(1902,03)などが出,1911年には《東京市史稿》《大阪市史》の刊行が始まった。また個人の手になる《徳川時代之武蔵本庄》(1912)なども現れ,郷土史と呼ばれて,その研究者も増加した。ことに明治末から大正時代にかけて各地で郡史の編集が行われたことは,それら研究者に活躍の場を与えた。…

※「郷土史」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

郷土史の関連キーワード神奈川の郷土史を学習する科目と近現代史を総合的に学習する科目山口県熊毛郡上関町室津ヘーレンフェーン日本史と世界史野口二郎(1)G. ル・ロア西園寺 源透関矢 マリ子河田 貞次郎著す・著わす保井 芳太郎三原 良吉景浦 直孝窪美 昌保保井芳太郎後藤蔵四郎大島幾太郎長谷川一郎菊地勝之助古家実三

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

郷土史の関連情報