瀬川帽子(読み)セガワボウシ

デジタル大辞泉の解説

せがわ‐ぼうし〔せがは‐〕【瀬川帽子】

江戸時代に流行した婦人用の綿帽子の一。享保19年(1734)歌舞伎俳優の初世瀬川菊之丞が、屋敷女中の役でかぶったのが最初といわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せがわぼうし【瀬川帽子】

綿帽子の一種。享保19年、大坂の初世瀬川菊之丞が屋敷女中に扮した時に用いたのが流行の始まりという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android