瀬川帽子(読み)セガワボウシ

  • せがわぼうし せがは‥
  • せがわぼうし〔せがは〕

大辞林 第三版の解説

綿帽子の一種。享保19年、大坂の初世瀬川菊之丞が屋敷女中に扮した時に用いたのが流行の始まりという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 江戸時代、婦人用の綿帽子の一つ。享保一九年(一七三四)、歌舞伎役者初世瀬川菊之丞が屋敷女中の衣装に用いてから流行したといわれる。瀬川綿。〔役者全書(1774)〕
[2] 書名。二冊。琴通舎英賀著。天保三年(一八三二)刊。歌舞伎役者五世瀬川菊之丞の追善のため、当時の風流人や門弟たちが寄せた追悼の詩歌や詞章を集めたもの。五世までの舞台姿を香蝶楼歌川国貞、挿絵を歌川国芳らが描く。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android