コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬川帽子 セガワボウシ

デジタル大辞泉の解説

せがわ‐ぼうし〔せがは‐〕【瀬川帽子】

江戸時代に流行した婦人用の綿帽子の一。享保19年(1734)歌舞伎俳優の初世瀬川菊之丞が、屋敷女中の役でかぶったのが最初といわれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せがわぼうし【瀬川帽子】

綿帽子の一種。享保19年、大坂の初世瀬川菊之丞が屋敷女中に扮した時に用いたのが流行の始まりという。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android