コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火口壁 カコウヘキ

デジタル大辞泉の解説

かこう‐へき〔クワコウ‐〕【火口壁】

火口を囲む急峻(きゅうしゅん)な壁。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かこうへき【火口壁】

火口を囲む壁。溶岩・火砕物などから成り、普通、火口底から上方に向かって漏斗状に開いた形をしている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の火口壁の言及

【外輪山】より

…後の爆裂や谷の発達による破壊や中央丘噴出物の被覆によって環状に連なっていない場合も多い。外輪山の内側は火口壁またはカルデラ壁と呼ばれる急崖で,外側は緩斜面であることが多い。複式火山【鈴木 隆介】。…

※「火口壁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

火口壁の関連キーワード烏帽子岳(岩手・秋田県境)根子岳(長野県)駒ヶ岳(北海道)チョン(天)池凝灰集塊熔岩ブーベ[島]エシャンクル熱海[市]モロキニ島ハナウマ湾草千里ヶ浜中島 斌雄秋広平六湖水爆発カルデラ御鉢回り雌阿寒岳十勝岳多良岳久住山

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火口壁の関連情報