コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火吹竹 ひふきだけ

2件 の用語解説(火吹竹の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひふきだけ【火吹竹】

火を吹きおこしたりたきつけたりするのに使う道具。一端に節(ふし)を残して小さな穴があけてある長さ2尺ぐらいの竹筒で,室町時代末にはすでに見られた。土地によって火起し竹息つぎ竹ふすり竹,吹竹ともいう。付木(つけぎ)やマッチが出回って火が容易に得られるようになったのは新しいことで,それ以前は火種を絶やさず毎朝火をかきおこして吹きつけるのが主婦の重要な役目であり,このため火吹竹は重宝な道具であった。また百日咳や耳だれの病気平癒を祈願する際に,神仏に火吹竹を年の数だけ奉納する風習も各地に見られ,かつては77歳の喜寿の祝に火吹竹を親戚に贈る風習もあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火吹竹
ひふきだけ

吹いて火をおこす道具。火吹、吹筒、火管、吹火筒、竹火筒などとも書き、ヒフキ、ヒフキダケ、ヒフキヅツなどとよんでいた。竹筒の一方の端の節(ふし)を残して、20~60センチメートルくらいの適宜の長さに切り、その節に小さな穴をあけて、息が強く吹き出るようにしたもの。以前は、全国どこの家庭でも、火をおこすときに使っていた。77歳の喜寿の祝いの年の7月7日に、火吹竹をつくって、親戚(しんせき)・知人へ配り、風、台風、火災除(よ)けのまじないとした。[宮本瑞夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火吹竹の関連キーワード点滅渋抜き砂吹き焚き付け火吹き火吹き竹火吹き達磨切火縄しっとと吹付ける

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone