コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火吹竹 ひふきだけ

世界大百科事典 第2版の解説

ひふきだけ【火吹竹】

火を吹きおこしたりたきつけたりするのに使う道具。一端に節(ふし)を残して小さな穴があけてある長さ2尺ぐらいの竹筒で,室町時代末にはすでに見られた。土地によって火起し竹,息つぎ竹,ふすり竹,吹竹ともいう。付木(つけぎ)やマッチが出回って火が容易に得られるようになったのは新しいことで,それ以前は火種を絶やさず毎朝火をかきおこして吹きつけるのが主婦の重要な役目であり,このため火吹竹は重宝な道具であった。また百日咳や耳だれの病気平癒を祈願する際に,神仏に火吹竹を年の数だけ奉納する風習も各地に見られ,かつては77歳の喜寿の祝に火吹竹を親戚に贈る風習もあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火吹竹
ひふきだけ

吹いて火をおこす道具。火吹、吹筒、火管、吹火筒、竹火筒などとも書き、ヒフキ、ヒフキダケ、ヒフキヅツなどとよんでいた。竹筒の一方の端の節(ふし)を残して、20~60センチメートルくらいの適宜の長さに切り、その節に小さな穴をあけて、息が強く吹き出るようにしたもの。以前は、全国どこの家庭でも、火をおこすときに使っていた。77歳の喜寿の祝いの年の7月7日に、火吹竹をつくって、親戚(しんせき)・知人へ配り、風、台風、火災除(よ)けのまじないとした。[宮本瑞夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

火吹竹の関連キーワードふいご(鞴∥吹子)民具年賀

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android