火攻法(読み)かこうほう(英語表記)fire flooding; in-situ combustion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地表から空気を送り込みながら層に点火して,油層の油の一部を燃焼させ,油層温度の上昇と油層圧力の上昇により油層から坑井への油の移動を容易とする方法。高粘度油層やオイルサンドの油の採取に有効な方法である。水を空気と同時または交互に圧入して掃攻効率をよくする湿式火攻法もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の火攻法の言及

【採油】より

…第1の方法は地上で発生させた熱エネルギーを圧入井を通して油層内に与える方法で,圧入流体には水蒸気または熱水が用いられる。第2の方法は油層中の原油の一部を油層内で燃焼させることにより熱エネルギーを発生させる方法で,火攻法と呼ばれる。この場合,燃焼のため圧入井を通して空気を連続的に油層中へ圧入する必要がある。…

※「火攻法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android