火炎瓶(読み)かえんびん

大辞林 第三版の解説

かえんびん【火炎瓶】

瓶にガソリンを詰め、点火して投げつけるもの。発火剤を混ぜ、瓶が割れると同時に発火するものもある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かえん‐びん クヮエン‥【火炎瓶】

〘名〙 点火して目的物に投げつける、ガソリンなどを詰め入れた瓶。
※歌仙(1952)〈石川淳〉「火焔ビンを踏まへて即座に立つことができる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の火炎瓶の言及

【爆発物取締罰則】より

…その後,1908年,18年に改正されたが,現在でも法律としての効力を有している。判例によれば,同罰則にいう爆発物とは,その爆発作用そのものによって公共の安全を攪乱し,または,人の身体や財産を傷害・損壊するに足る破壊力を有するものとされ,したがって,火炎瓶(後述)等はこれに含まれないと解されている。同罰則により処罰される行為類型としては,治安を妨げ,または人の身体・財産を害する目的で爆発物を使用し,もしくは人をして使用させる行為(1条,法定刑は,死刑,無期または7年以上の懲役・禁錮)のほか,使用未遂(2条),使用予備(3条),使用の教唆・煽動(4条)等があり,さらに,これらの犯罪が行われることを知りながら,官憲または被害者に告知しない行為(8条)も処罰される。…

※「火炎瓶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火炎瓶の関連情報