コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火炎瓶 カエンビン

デジタル大辞泉の解説

かえん‐びん〔クワエン‐〕【火炎瓶】

ガラスガソリンなどを詰め、投げつけて火炎を発生させるもの。もとは、手製の対戦車用兵器。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かえんびん【火炎瓶】

瓶にガソリンを詰め、点火して投げつけるもの。発火剤を混ぜ、瓶が割れると同時に発火するものもある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火炎瓶
かえんびん

モロトフ爆弾」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の火炎瓶の言及

【爆発物取締罰則】より

…その後,1908年,18年に改正されたが,現在でも法律としての効力を有している。判例によれば,同罰則にいう爆発物とは,その爆発作用そのものによって公共の安全を攪乱し,または,人の身体や財産を傷害・損壊するに足る破壊力を有するものとされ,したがって,火炎瓶(後述)等はこれに含まれないと解されている。同罰則により処罰される行為類型としては,治安を妨げ,または人の身体・財産を害する目的で爆発物を使用し,もしくは人をして使用させる行為(1条,法定刑は,死刑,無期または7年以上の懲役・禁錮)のほか,使用未遂(2条),使用予備(3条),使用の教唆・煽動(4条)等があり,さらに,これらの犯罪が行われることを知りながら,官憲または被害者に告知しない行為(8条)も処罰される。…

※「火炎瓶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

火炎瓶の関連キーワード北アイルランド紛争ギリシャ暴動の経緯シャルリエブド事件仏紙銃撃テロ事件爆発物取締罰則野宿者焼死事件日比谷松本楼火炎瓶処罰法渋谷暴動事件伊藤 律吹田事件ガラス瓶焼夷弾工藤会六全協

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火炎瓶の関連情報