即座(読み)そくざ

精選版 日本国語大辞典「即座」の解説

そく‐ざ【即座】

〘名〙 すぐその場。即席。また、「即座に」の形で、副詞的に用い、ある事が行なわれてから時をおかずにその場である動作をするさまを表わす。
※正法眼蔵(1231‐53)無情説法「即座に忘記し、退席に茫然とあらん」
※延慶本平家(1309‐10)一本「先例を背て狼籍を致せば即座に手向ひあるべきに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「即座」の解説

そく‐ざ【即座】

すぐその場。「即座に」の形で副詞的にも用いる。「即座の機転」「即座に応答する」
[類語]即刻即時時を移さず間髪をれず即席即製同時言下直後直ちに早速すぐすぐさまとっさに俄か折り返しすかさず立ちどころにたちまち途端右から左瞬く間あっという間リアルタイム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android