火袋(読み)ひぶくろ

精選版 日本国語大辞典「火袋」の解説

ひ‐ぶくろ【火袋】

〘名〙
灯籠(とうろう)などの火をともすところ。また、灯火などが消えないように囲う覆い。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※歌舞伎・加賀見山再岩藤(骨寄せの岩藤)(1860)三幕「主水燈籠の火(ヒブクロ)を打ち」
暖炉(だんろ)薪炭をたくところ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の火袋の言及

【灯籠】より

…戸外用の灯火器。風から守るため,火炎部を囲う構造(火袋)をもつ。灯楼などとも書く。…

※「火袋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android