コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火袋 ヒブクロ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐ぶくろ【火袋】

暖炉の、薪炭など燃料を燃やす所。
灯籠(とうろう)の火をともす所。また、行灯(あんどん)や提灯(ちょうちん)の、紙の覆(おお)いをした部分。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひぶくろ【火袋】

灯籠とうろうの火をともす所。また、行灯あんどん・提灯ちようちんなどの紙のおおい。 → 石灯籠
暖炉などの薪炭を燃すところ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の火袋の言及

【灯籠】より

…戸外用の灯火器。風から守るため,火炎部を囲う構造(火袋)をもつ。灯楼などとも書く。…

※「火袋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

火袋の関連キーワード名古屋行灯・名古屋行燈笠置形灯籠・笠置形燈篭春日灯籠・春日燈篭雪洞(ぼんぼり)ぼんぼり(雪洞)石灯籠・石燈篭唐物久兵衛名古屋行灯春日灯籠有明行灯ぼんぼり博山炉梵魚寺透彫り石灯籠おおい燭台灯火有明雪洞

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android