コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火袋 ヒブクロ

大辞林 第三版の解説

ひぶくろ【火袋】

灯籠とうろうの火をともす所。また、行灯あんどん・提灯ちようちんなどの紙のおおい。 → 石灯籠
暖炉などの薪炭を燃すところ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の火袋の言及

【灯籠】より

…戸外用の灯火器。風から守るため,火炎部を囲う構造(火袋)をもつ。灯楼などとも書く。…

※「火袋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

火袋の関連キーワード笠置形灯籠・笠置形燈篭名古屋行灯・名古屋行燈春日灯籠・春日燈篭雪洞(ぼんぼり)ぼんぼり(雪洞)石灯籠・石燈篭名古屋行灯唐物久兵衛有明行灯春日灯籠ぼんぼり梵魚寺透彫り博山炉石灯籠おおい有明燭台薪炭灯火

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火袋の関連情報