コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩藤 イワフジ

5件 の用語解説(岩藤の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いわ‐ふじ〔いはふぢ〕【岩藤】

ニワフジの別名。

いわふじ【岩藤】[人名]

浄瑠璃加賀見山旧錦絵(かがみやまこきょうのにしきえ)」に登場する敵役の女性。
文楽人形の首(かしら)の一。など高位の敵役の中年女性に用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩藤 いわふじ

浄瑠璃(じょうるり),歌舞伎に登場する局(つぼね)。
主家横領に加担し,邪魔になる中老尾上(おのえ)をはずかしめて自害させるが,尾上の下女お初に討たれる。石見(いわみ)(島根県)浜田藩江戸屋敷での事件に,加賀金沢藩のお家騒動の筋をくわえて脚色した浄瑠璃「加々見山旧錦絵(かがみやまこきょうのにしきえ)」(容楊黛(よう-ようたい)作)が最初。のち「鏡(加賀見)山物」とよばれる一系統をうんだ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

いわふじ【岩藤】

ニワフジの別名。

いわふじ【岩藤】

○ 人形浄瑠璃「加賀見山旧錦絵こきようのにしきえ」の登場人物。
文楽人形の頭かしらの名。女頭の中年の敵かたき役に使用される。八汐やしお

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩藤の関連キーワード素浄瑠璃歌舞伎浄瑠璃狂言浄瑠璃浄瑠璃看板浄瑠璃狂言浄瑠璃座浄瑠璃本難波浄瑠璃床浄瑠璃置浄瑠璃

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩藤の関連情報