コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灯明皿 とうみょうざら

防府市歴史用語集の解説

灯明皿

 明かりをともすために、の中に油を入れ、ひもをつけ、そこに火をつけました。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうみょうざら【灯明皿】

油に灯心を浸して点火し,明りとするための器。人類は火を使用することによって,暖と明りを得たが,ある段階から土器を使用して明りだけを得ることができるようになった。日本では縄文時代中期の釣手土器を最古の明りとりの土器とする説があるが,確実な例が現れるのは飛鳥・奈良時代に杯・皿形の土師器を用いるようになってからである。当時の宮都から出土する土師器杯には,灯心の痕跡を残すものがあり,油を満たした杯に灯心を浸して,灯火器として用いたことがわかる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

灯明皿の関連キーワード灯台(照明用灯火具)土器座蜘蛛手

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

灯明皿の関連情報