コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灯明皿 とうみょうざら

2件 の用語解説(灯明皿の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

灯明皿

 明かりをともすために、皿の中に油を入れ、ひもをつけ、そこに火をつけました。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とうみょうざら【灯明皿】

油に灯心を浸して点火し,明りとするための器。人類は火を使用することによって,暖と明りを得たが,ある段階から土器を使用して明りだけを得ることができるようになった。日本では縄文時代中期の釣手土器を最古の明りとりの土器とする説があるが,確実な例が現れるのは飛鳥・奈良時代に杯・皿形の土師器を用いるようになってからである。当時の宮都から出土する土師器杯には,灯心の痕跡を残すものがあり,油を満たした杯に灯心を浸して,灯火器として用いたことがわかる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

灯明皿の関連キーワード灯心アセチレン溶接油火樟脳玉爆轟火入れ明り取り生掛灯心抑え浸し

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

灯明皿の関連情報