神棚(読み)かみだな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神棚
かみだな

家庭における祭場の一つ。地域によって座敷などの接客用の場にある場合と,いろりばたや台所など家族生活の中心となる場所にある場合がある。神棚には伊勢神宮,鎮守,産土神札を祀り,松,榊,灯明,神酒などを献じる。参拝は神社参拝と同様である。なお,えびす棚,荒神棚,あるいは達磨,稲荷などの縁起棚と呼ばれる場合もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

神棚【かみだな】

家庭で神を迎えるために設けた棚。現在では表座敷に多く,鴨居(かもい)に棚をつり,しら木の小祠を置き,サカキを供え,注連(しめ)を張る。神札などをまつるが,縁起棚といってえびす荒神,稲荷などもまつる場合がある。もとは本家の司祭にゆだねられていたものが,仏壇の普及や御師(おし)による大麻の配布などに伴って,各戸にまつられるようになったとみられる。
→関連項目祭壇

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かみだな【神棚】

家庭での祭祀として,屋内もしくはその周辺に神霊をまつる棚のことで,その内容から3分類することができる。(1)ざしきや床の間など家の表の間(ま)に設けられるもの。地方によってはタカダナオタナサマなどとよばれ,産土(うぶすな)神や伊勢神宮また各所の神符をまつりこめ,往々にしてだるまなどの縁起物を配し,家人に通年拝せられる。(2)台所や寝所など家人が生活している間に設けられ,日常の生活に関与する竈(かまど)神,水神,厠(かわや)神などおのおのが独立の信仰内容をもつ神棚。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かみだな【神棚】

家の中で、大神宮や氏神などの神符をまつるための棚。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神棚
かみだな

各家庭の屋内に設けられた常設の祭場。その場所としては、座敷や出居(でい)など接客用のハレの場にあるものと、いろり端や台所など家族の生活の場にあるものとがある。神棚には普通、皇大神宮(こうたいじんぐう)(伊勢(いせ))の大麻(たいま)(神符)を中心に、氏神ないし各自崇敬の神々を奉斎し、注連(しめ)縄を張り榊(さかき)を立て、あるいは神饌(しんせん)や灯明を供えるなどして、朝に夕に奉拝する習慣が行き渡っている。日本では神々は、常は山などにおり、祭りに応じて訪れ来るとの信仰が主であったから、常設の祭場は少なかった。貴族の邸宅には早くから宅神、邸内神、屋敷神の祠(ほこら)が設けられ、地方でも神事に関係の深い家筋には、斎屋(いみや)、精進屋、ハナヤ(鹿児島県)など設ける例は多かったが、いずれも別棟である。母屋(おもや)に棚を設けるというのは、新年の年神棚がよく示すように、臨時の祭り場という意味が濃い。
 邸宅に持仏堂ないし仏間が設けられたのに比べると、神棚の普及はさらに後れてのことであろう。それが仏壇と並んで民家にあまねく行き渡るようになるのは、近世初頭、皇大神宮の御師によって神符が広く配られるようになったことと深い関係があろう。[萩原龍夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かみ‐だな【神棚】

〘名〙 家の中で、大神宮などの神符、神札がまつってある棚。神の棚。
※大江俊尚記(古事類苑・神祇一七)「奉先東方、氏神〈略〉年徳棚、神棚 諸神、竈神」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神棚の関連情報