コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明(か)り アカリ

2件 の用語解説(明(か)りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あかり【明(か)り】

光。明るさ。「明(か)りがさす」
ともしび。灯火。「明(か)りを消す」
潔白であることの証明。疑いを晴らす証拠。あかし。
「なに、―を立てねば帰られぬ」〈伎・青砥稿
その時期が過ぎること。あけ。
「諒闇(りゃうあん)今朝御―なり」〈御湯殿上日記・天文五年〉
[下接語]薄明かり川明かり月明かり面(つら)明かり時明かり西明かり初明かり花明かり星明かり榾(ほた)明かり窓明かり夕明かり雪明かり

あかり[人工衛星]

平成18年(2006)2月に打ち上げられた日本初の赤外線天文衛星ASTRO-F(アストロエフ)の愛称。JAXA(ジャクサ)宇宙航空研究開発機構)が開発。先行のIRAS(アイラス)衛星に比べ、数倍から数十倍という高感度・高解像度赤外線観測が可能。宇宙初期に誕生した原始銀河の探索、原始惑星系円盤系外惑星の観測、新彗星の発見などを行った。平成23年(2011)5月に観測運用終了。IRIS(アイリス)(Infrared Imaging Surveyor)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明(か)りの関連キーワード新マルサス主義ペガサス赤み明るみ嫌気が差すがさがさ何がさてペガサス座灯火のワールドペガサス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone