コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明(か)り アカリ

2件 の用語解説(明(か)りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あかり【明(か)り】

光。明るさ。「明(か)りがさす」
ともしび。灯火。「明(か)りを消す」
潔白であることの証明。疑いを晴らす証拠。あかし。
「なに、―を立てねば帰られぬ」〈伎・青砥稿
その時期が過ぎること。あけ。
「諒闇(りゃうあん)今朝御―なり」〈御湯殿上日記・天文五年〉
[下接語]薄明かり川明かり月明かり面(つら)明かり時明かり西明かり初明かり花明かり星明かり榾(ほた)明かり窓明かり夕明かり雪明かり

あかり[人工衛星]

平成18年(2006)2月に打ち上げられた日本初の赤外線天文衛星ASTRO-F(アストロエフ)の愛称。JAXA(ジャクサ)宇宙航空研究開発機構)が開発。先行のIRAS(アイラス)衛星に比べ、数倍から数十倍という高感度・高解像度赤外線観測が可能。宇宙初期に誕生した原始銀河の探索、原始惑星系円盤系外惑星の観測、新彗星の発見などを行った。平成23年(2011)5月に観測運用終了。IRIS(アイリス)(Infrared Imaging Surveyor)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone