明り(読み)アカリ

デジタル大辞泉の解説

光。明るさ。「明(か)りがさす」
ともしび。灯火。「明(か)りを消す」
潔白であることの証明。疑いを晴らす証拠。あかし。
「なに、―を立てねば帰られぬ」〈伎・青砥稿
その時期が過ぎること。あけ。
「諒闇(りゃうあん)今朝御―なり」〈御湯殿上日記・天文五年〉
[下接語]薄明かり川明かり月明かり面(つら)明かり時明かり西明かり初明かり花明かり星明かり榾(ほた)明かり窓明かり夕明かり雪明かり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明りの関連情報