コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

災害ボランティア さいがいぼらんてぃあ

2件 の用語解説(災害ボランティアの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

災害ボランティア

ボランティアとは、英語で「自発的な」という意味の「voluntary(ボランタリー)」、ラテン語で「自由意志」を意味する「voluntas(ボランタス)」が語源とされ、自ら進んで奉仕活動をする人、することを指す。無償で行うものを指すのが普通だが、元々の言葉の意味には有償か無償かといったことが含まれていたわけではない。
そのなかで「災害ボランティア」は、地震や火山の噴火、水害などの自然災害が起こった地域の住民を助けるために行うものを指す。古くから自然災害の際に被害を受けた人を助けることは行われていたと考えられるが、特に注目を浴びるようになったのは、1995年1月17日に起こった阪神・淡路大震災から。被災地に130万人を超えるボランティアが駆けつけ、この年は日本の「ボランティア元年」と言われている。
2011年3月11日の東日本大震災は、更に大きな範囲、規模の災害となったが、阪神に比べて駆けつけるのが難しいという立地条件や、被災地側が受け入れ態勢を整えることに時間を要したことなどもあり、同年7月の時点で約57万人(ボランティアセンターなどに届け出た人のみの数)がボランティアに従事したと報告されている。また、被災した宮城、岩手、福島の3県のうち、原子力発電所事故の影響が心配される福島県へ向かうボランティアの数が極端に少ないという傾向がある。
災害ボランティアの仕事内容は、被災の状況や時期によって変わり、多岐にわたる。大震災の場合、直後はがれきの撤去や、壊れた家具などの処分や掃除、炊き出しなど避難所での業務。仮設住宅への入居が始まれば、その引っ越し手伝いなども出てくる。子どもの遊び相手や、悩みの聞き役といった仕事が求められる場合もある。医療関係の資格はもちろん、法律や美容理容などの資格を生かしてボランティアをする人も多い。
近年では、社会貢献の一環としてボランティア休暇を認める企業が出てきたり、文部科学省から各大学への要請もあり震災ボランティアを行うことでの単位認定の例も出てきたりしている。

(菘(すずな)あつこ  フリーランス・ライター / 2011年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

災害ボランティア

1995年の阪神大震災で、全国から延べ130万人以上が支援にかけつけ、「ボランティア元年」と言われた。それ以降、災害が発生すると、社会福祉協議会市町村、NPOなどが災害ボランティアセンターを立ち上げ、被災者のニーズの把握やボランティアの受け入れ、人数調整や資機材の貸し出しをするようになった。道内では2000年3月に発生した有珠山噴火でセンターができ、約9300人のボランティアを受け入れた。

(2017-01-11 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

災害ボランティアの関連キーワード国連ボランティア教育ボランティアボランティア預金創薬ボランティア育薬ボランティアボランタリズムボランティア休暇国連ボランティア計画ボランティア活動保険

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

災害ボランティアの関連情報