社会福祉協議会(読み)しゃかいふくしきょうぎかい

日本大百科全書(ニッポニカ)「社会福祉協議会」の解説

社会福祉協議会
しゃかいふくしきょうぎかい

社会福祉の増進を図るために組織された民間団体。歴史的には、イギリスの宗教家チャルマーズThomas Chalmers(1780―1847)の活動、そしてCOS(慈善組織協会)運動、ドイツの救貧制度「エルバーヘルト・システム」の影響を受け、イギリスやアメリカの友愛訪問活動や日本の方面委員(民生委員の前身)活動が行われ、「地域福祉」活動が成立した。

 第二次世界大戦後、日本では1950年(昭和25)ころより、コミュニティ・オーガニゼーション活動の必要性がいわれ、一定の地域社会において、公私の社会福祉事業、または更生保護事業を経営するの過半数が参加し、「(1)社会福祉を目的とする事業について調査し、(2)これらの事業について総合的企画をたて、(3)その地域社会における社会福祉的諸活動の連絡調整を図り、(4)地域住民に対して社会福祉に関する広報活動を行うこと」(社会福祉事業法74条)を目的とする民間の自主的組織として成立した。その後、社会福祉事業法が、2000年(平成12)に改正され社会福祉法となったのに伴い、社会福祉協議会の目的も以下のように改められた。(1)社会福祉を目的とする事業の企画および実施、(2)社会福祉に関する活動への住民の参加のための援助、(3)社会福祉を目的とする事業に関する調査、普及宣伝、連絡、調整および助成、(4)前3号に掲げる事業のほか、社会福祉を目的とする事業の健全な発達を図るために必要な事業(社会福祉法109条)、である。社会福祉協議会では、法人化と福祉活動指導員や企画指導員などの人件費の国庫補助の拡大が行われつつあるが、成立の理念からみて公的下請機関ではなく、真の意味で住民福祉の自主的組織化が問われている。

[白沢久一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「社会福祉協議会」の解説

社会福祉協議会
しゃかいふくしきょうぎかい

一定の地域社会において,各種福祉団体の参加を原則とした民間の自主的組織。これら団体の有する専門的指導性のもとに地域住民の結束による福祉への自発的活動を育成し,地域社会の要求の発見や開発計画の立案社会資源造成と活用,連絡調整,住民の福祉教育,社会活動や社会組織の諸機能を総合的に実践している。これは近代的社会福祉事業の諸特性,すなわち,(1) 専門職業化,(2) 地域住民の自主的参加,(3) 福祉事業の総合的把握を取入れているものである。日本では,1951年制定の社会福祉事業法に基づいて都道府県の社会福祉協議会が設置された。その連合体として全国社会福祉協議会がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「社会福祉協議会」の解説

しゃかいふくし‐きょうぎかい シャクヮイケフギクヮイ【社会福祉協議会】

〙 社会福祉事業に関する調査、企画、連絡、調整、助成、普及、宣伝などを目的とする民間の団体。各都道府県・市町村を単位とし、その区域内で社会福祉事業を行なう者が参加する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「社会福祉協議会」の解説

しゃかいふくしきょうぎかい【社会福祉協議会】

社会福祉の企画・連絡・広報などを行い,その総合的な促進を図ることを目的とする,社会福祉における代表的な民間組織。すべての市区町村と都道府県・指定都市に組織され,その連合体として全国組織がある。その事業は広範多岐にわたり,日本の社会福祉活動の重要な基盤の一つとなっている。これに類する組織は,世界各国,とくに一定の社会福祉水準に達した欧米諸国では,名称機構などは国により異なるにせよ,一様に結成され,近年発展途上国でもふえ,その国際協力のための国際社会福祉協議会には約50ヵ国(1997年現在)が加盟している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の社会福祉協議会の言及

【生活福祉資金貸付制度】より

…利子は修学資金および療養資金(無利子)を除いて,年3%となっている(ただし据置期間は無利子)。資金貸付けの業務は都道府県社会福祉協議会が行っているが,資金貸付けを希望するものは,地域を担当している民生委員を通じて,市町村の社会福祉協議会に申込書を提出し,都道府県社会福祉協議会に設けられた審査会の審査決定を経て,貸付けを受けることになっている。【三浦 文夫】。…

【善意銀行】より

…1962年に徳島県や大分県の社会福祉協議会の発案で設けられたもので,社会福祉のための労力や金品を預託し,これらを必要とする者へ,これらの労力や預託金品を支給・貸与する組織である。ボランティア・ビューローの一形態といえるが,たんなる金品の寄付を求めるということだけではなく,特技を含む労働を預託するところに特徴があり,〈銀行〉という呼名の新鮮さもあって,広く全国に普及し,一時は善意銀行,奉仕銀行,愛情銀行,福祉協力センターなど種々の名称のもとに,全国で1000ヵ所余の組織があった。…

※「社会福祉協議会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android