炙餠(読み)あぶりもち

精選版 日本国語大辞典「炙餠」の解説

あぶり‐もち【炙餠】

〘名〙
① 火であぶった。焼き餠。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 京都市北区紫野の今宮神社境内の茶店で売っている名物の餠。神事に用いた青竹を割ったくしの先に、指頭大の白餠をつけてあぶり、溶いた白みそを塗ったもの。この餠を食べると病気にかからないという。の餠。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android