コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶店 サテン

デジタル大辞泉の解説

さ‐てん【茶店】

「喫茶店(きっさてん)」を略していう語。
ちゃみせ。ちゃや。

ちゃ‐てん【茶店】

ちゃみせ」に同じ。
「左手の―から重助とお竹とが」〈嵯峨の屋・姉と弟〉

ちゃ‐みせ【茶店】

通行人などに茶菓を供して休息させる店。茶屋。掛け茶屋。
製茶を売る茶屋葉茶屋

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちゃみせ【茶店】

茶を供して客を休息させる店。日本では中世後半に旅行者や参詣人を対象として街道筋や寺社門前などに発生したと思われ,《東寺文書(とうじもんじよ)》には1408年(応永15)11月に京都の東寺南大門前に一服一銭の茶を売る者のあったことを示す記録がある。初めは床几(しようぎ)の上に茶道具を置き,求めに応じて茶を点(た)てていたが,やがて菓子や酒食を供し,給仕女を置くような店ができて遊興的色彩を加え,多様な形態の茶屋を分化するようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さてん【茶店】

ちゃみせ。ちゃてん。
「喫茶店」を俗に略していう語。

ちゃてん【茶店】

茶を売る店。茶舗ちやほ
ちゃみせ(茶店) 」に同じ。

ちゃみせ【茶店】

茶を飲んだり菓子を食べたりして休む店。掛け茶屋。茶屋。茶屋店。
茶を売る店。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茶店
ちゃみせ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の茶店の言及

【茶館】より

…中国の旧式喫茶店,日本の茶店(ちやみせ)にあたる。時代や地方や規模によって,茶園,茶社,茶室,茶肆,茶居,茶坊,茶寮,茶楼(2階建て)などの別称があり,さらに卓子(テーブル),椅子(いす)を備えた客席を茶卓,茶座とも称した。…

【茶屋】より

…客に茶を出して休息させる茶店(ちやみせ)から発展した各種の飲食遊興店をいう。江戸時代,旅行者を対象として道中筋に出現した茶店は,途中の休息所であったから,当初は宿場を離れた山中などに開店したが,しだいに宿はずれ(棒鼻(ぼうはな))にまで進出して,これを立場(たてば)茶屋と呼んだ。…

【水茶屋】より

…江戸時代,寺社の境内や路傍で往来の人に茶を供し,休息させた茶店の称。葉茶を売る葉茶屋と区別して,水茶屋といった。…

※「茶店」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

茶店の関連キーワード絵馬屋額祐(3代)橋本金作(初代)掛け茶屋・掛茶屋祇園百合女野掛け茶屋舁き入れる御手洗団子鴨川納涼床煮売り茶屋安倍川餅茶立て女梶(1)寄合茶屋外山佐吉禰宜山伏祇園梶子一銭茶屋葦簀張り茶汲み女茶屋店

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茶店の関連情報