コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

点接触型トランジスタ てんせっしょくがたトランジスタ point contact transistor

1件 の用語解説(点接触型トランジスタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

点接触型トランジスタ
てんせっしょくがたトランジスタ
point contact transistor

半導体単結晶の表面にきわめて近接して (100μm以下) 2本の細い金属針を立てた構造のトランジスタ。金属針の一方がエミッタ,他方がコレクタゲルマニウムを載せた電極がベースである。エミッタとベース間に順方向バイアス (エミッタ側に正電圧) ,コレクタとベース間に逆方向バイアス (コレクタ側に負電圧) が加えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

点接触型トランジスタの関連キーワードアモルファス半導体結晶面真性半導体多結晶ワイセンベルグカメラシンタキシャル孔雀炭表面成長組織アズベル‐カーナー効果小林秋男

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone