コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

点本 テンポン

大辞林 第三版の解説

てんぽん【点本】

訓点を施した本。訓点本。付点本。付訓本。 ⇔ 無点本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の点本の言及

【をこと点∥乎己止点∥遠古登点】より

…〈ヲコト点〉は流派により用いる方式を異にするが,ことに平安時代の初期には多数の異なった方式が行われていた。中田祝夫は多数の古点本を研究し,その多数の方式もつぎの8群に類別できるとした。第1群点:西墓(にしはか)点・仁都波迦(にとはか)点,第2群点:喜多院点,第3群点:東大寺三論集点・中院僧正点,第4群点:天仁波流(てにはる)点,第5群点:円堂点・浄光房点・博士家点(経点,紀点),第6群点:禅林寺点・叡山点,第7群点:宝幢院(ほうどういん)点,第8群点:順暁和尚点など。…

※「点本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

点本の関連キーワード典・填・塡・天・奠・展・店・恬・殿・添・点・甜・癲・篆・纏・転・轉・顛・顚・點仮名遣及仮名字体沿革史料災害派遣医療チーム付訓本・附訓本スリーラン遠藤 嘉基類聚名義抄乎古止点西川正休本草綱目算法統宗訓点資料おどり字中田祝夫氷見事件ツーラン付訓本無点本列女伝全祖望

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

点本の関連情報