訓点(読み)くんてん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

訓点
くんてん

漢文を日本語として読み下す,いわゆる訓読の際,その読み方を示すために漢字の四隅,かたわらなどに書き加えた文字や符号の総称。返り点乎古止点 (おことてん) ,万葉がなで読み方を示す方式が併用された。このような訓点記入を加点といい,加点された本を (訓) 点本,または加点本という。訓点をつけた国語資料を訓点資料,そのなかに書かれている国語を訓点語,訓点語も含めて漢文訓読に用いられた国語を総称して (漢文) 訓読語という。訓点本の最古の資料は,奈良時代末期までさかのぼる。漢文訓読語は一種の学者語であり,促音便撥音便の存在,訓読語特有の語彙の存在により,和文とは異なる独自の文語体をつくり上げた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

訓点【くんてん】

漢文の訓読を示すため,原漢文に記入した文字・符号の総称。一般に句読点返り点送り仮名および振り仮名を用いる。振り仮名は片仮名が主だが近時は平仮名をも交用する。訓点の記入は8世紀末ごろから生じ,最初は句読点,返り点のみであったが,9世紀に入ると振り仮名,送り仮名も生じた。当初は万葉仮名,平仮名,片仮名を併用し,また多くは〈をこと点〉と交用した。10世紀ごろから仮名は片仮名がもっぱら用いられた。をこと点は12世紀ごろが最盛期で,後には次第に片仮名だけの訓点が多くなった。講義を聞いて備忘のために記入するものと,教授者が正しい訓法をていねいに記録したものとがあり,訓点をつけた言語は日本語の文章史上,特異な位置を占め,他の記録文や文学作品に大きい影響を与えた。また古訓点は国語学史料として重視され,訓点資料と称される。
→関連項目春日政治片仮名訓読国語学平仮名

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くんてん【訓点】

漢文を日本語の文章構造に従ってよみ下すために,原文の行間や字間につける文字や符号。返点(かえりてん)すなわち,レ(かりがね),一・二・三・四,上・中・下,甲・乙・丙などの符号,およびヲコト点,朱引(しゆびき)などをもちいて,漢字の音読・訓読の区別,字音・訓・よむ順序・句の切り方などを示すもの。傍に片仮名を併用することが多い。奈良時代に訓点はすでに行われたと推測されるが,奈良時代末に訓注万葉仮名でつけた例が正倉院文書にある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くんてん【訓点】

漢文を訓読する際に、漢字の上や周囲に書き加えられた符号(返り点・ヲコト点)や仮名(振り仮名・送り仮名)などの総称。点。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くん‐てん【訓点】

〘名〙 漢文を訓読するための手がかりとして書き入れる文字や符号。ヲコト点、返り点、音訓(仮名点)などの総称。
※応永本論語抄(1420)述而第七「礼記にも臨文不諱と云り。清家に御読に候する時、或は文を除て申し、訓点をよみかゆること故実多し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

訓点の関連情報