コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

訓点 くんてん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

訓点
くんてん

漢文を日本語として読み下す,いわゆる訓読の際,その読み方を示すために漢字の四隅,かたわらなどに書き加えた文字や符号の総称。返り点乎古止点 (おことてん) ,万葉がなで読み方を示す方式が併用された。このような点記入を加点といい,加点された本を (訓) 点本,または加点本という。訓点をつけた国語資料を訓点資料,そのなかに書かれている国語を訓点語,訓点語も含めて漢文訓読に用いられた国語を総称して (漢文) 訓読語という。訓点本の最古の資料は,奈良時代末期までさかのぼる。漢文訓読語は一種の学者語であり,促音便撥音便の存在,訓読語特有の語彙の存在により,和文とは異なる独自の文語体をつくり上げた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くんてん【訓点】

漢文を日本語の文章構造に従ってよみ下すために,原文の行間や字間につける文字や符号。返点(かえりてん)すなわち,レ(かりがね),一・二・三・四,上・中・下,甲・乙・丙などの符号,およびヲコト点,朱引(しゆびき)などをもちいて,漢字の音読・訓読の区別,字音・訓・よむ順序・句の切り方などを示すもの。傍に片仮名を併用することが多い。奈良時代に訓点はすでに行われたと推測されるが,奈良時代末に訓注万葉仮名でつけた例が正倉院文書にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くんてん【訓点】

漢文を訓読する際に、漢字の上や周囲に書き加えられた符号(返り点・ヲコト点)や仮名(振り仮名・送り仮名)などの総称。点。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

訓点
くんてん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

訓点の関連キーワード黄檗版・黄蘗版仙覚奏覧状素文・麁文遠藤 嘉基素本・麁本遠藤嘉基藤原基俊後藤芝山道春点後藤点無点本朱墨点仁斎点無点法一斎点闇斎点仙覚古点新点嘉点

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

訓点の関連情報