コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国書 コクショ

4件 の用語解説(国書の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こく‐しょ【国書】

元首がその国の名をもって発する外交文書
漢籍・仏典・洋書などに対して、日本で著述された書物。和書。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こくしょ【国書】

一国の元首がその国の名をもって発する外交文書。
漢籍・仏典などに対して、日本で書き著された書物。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国書
こくしょ

親書」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国書
こくしょ

古代

古代の東アジアの国家や君主の間の外交文書をいう。推古(すいこ)朝に「日出処天子致書日没処天子」(日出(ひいず)る処(ところ)の天子(てんし)、書(しょ)を日没(ひぼっ)する処の天子に致す)で始まり、煬帝(ようだい)の不興を買った国書(『隋書(ずいしょ)』倭国伝(わこくでん)大業3年条)、「東天皇敬白西皇帝」(東天皇(ひがしのてんのう)、敬(つつし)みて西皇帝(にしこうてい)に白(まお)す)で始まる国書(『日本書紀』推古天皇16年9月辛巳(しんし))が知られる。しかし、当時はまだ形式・字句などが整っていなかったらしく紛争を生む原因ともなった。律令制下、国書は詔勅の形式をとったが、『延喜式(えんぎしき)』中務省(なかつかさしょう)に規定がある。臣下に下す形式の慰労詔書(いろうしょうしょ)を対新羅(しらぎ)・渤海(ぼっかい)外交に用いて上表の提出を求めたものの新羅に無視されたことはよく知られる。[門脇二]

近世

江戸時代に朝鮮、安南(アンナン)、呂宋(ルソン)などの元首にあてられた将軍・大御所(おおごしょ)の公的外交書簡。当初将軍・大御所は、国書のなかで自らを「日本国源某」と記し、日本年号を使用し、家臣の書簡のなかでは「日本国主(にほんこくしゅ)」を使用させた。一方、外国からの書簡では「日本国王」とするものが多かった。1635年(寛永12)の柳川一件後は、自らの書簡ではこれまでどおり「日本国源某」と記し、日本年号を使用したが、相手国の元首からの外交書簡では将軍の呼称を「日本国大君(たいくん)」とし、「日本国王」の呼称をやめた。なお、相手国の元首の書簡も国書といわれた。日本固有の著書、日本語の書物も国書と呼ぶ。[藤井讓治]
『田代和生著『書き替えられた国書』(1983・中公新書) ▽荒野泰典著『近世日本と東アジア』(1988・東京大学出版会) ▽藤井讓治著「17世紀の日本――武家の国家の形成」(朝尾直弘他編『岩波講座日本通史12』所収・1994・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国書の関連キーワードシャープ八幡一・壱・壹逸・一・佚・溢・逸ざらスクエアひよひよぶうぶうぽちぽち

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国書の関連情報