コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

点紋片岩 てんもんへんがん spotted schist

2件 の用語解説(点紋片岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

点紋片岩

点紋粘板岩

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

点紋片岩【てんもんへんがん】

日本では肉眼で認められる大きさの斜長石の斑状変晶をもつ結晶片岩の総称。無点紋片岩に対する。一般に無点紋片岩に比べて高変成であるが,点紋ができるかどうかは,変成度だけでなく,もとの岩石の岩質によっても異なるので注意が必要である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

点紋片岩の関連キーワード斑晶断裂カード粒子ふるい(篩)アンチペルト石パーサイト状サブオフィティック組織ポイキロプレクトフィティックアイソグラニュラー正長石斑岩

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone