コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

点紋片岩(読み)てんもんへんがん(英語表記)spotted schist

百科事典マイペディアの解説

点紋片岩【てんもんへんがん】

日本では肉眼で認められる大きさの斜長石斑状変晶をもつ結晶片岩の総称。無点紋片岩に対する。一般に無点紋片岩に比べて高変成であるが,点紋ができるかどうかは,変成度だけでなく,もとの岩石の岩質によっても異なるので注意が必要である。なお外国では日本と異なり,キン青石などの斑状変晶をもつ泥質の接触変成岩をさす。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android