コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏のお灸 からすのおきゅう

百科事典マイペディアの解説

烏のお灸【からすのおきゅう】

医学用語では口角炎口角糜爛(びらん)という。口角が潰瘍(かいよう)状になり,出血しやすくなる病気。通常,カンジダブドウ球菌連鎖球菌などの感染によるが,消化器障害や発熱時にできやすく,糖尿病,貧血,ビタミンB欠乏症などによって感染に対する抵抗力が低下している時,抗生物質ステロイド剤の服用中に起こることもある。ビタミンB2群の投与が有効なことが多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の烏のお灸の言及

【唇】より

…口を開くときに痛み出血することがある。俗に〈烏のお灸〉という。原因は明らかでないが,発熱や消化器障害の場合にできやすい。…

【口角糜爛】より

…口角部の皮膚と粘膜が発赤して亀裂を生じ,出血したり,白くただれて潰瘍となった状態をいう。口角炎,口角亀裂,口角潰瘍あるいは〈カラスの灸〉などとも呼ばれ,小児や中年以後の婦人に多くみられる。口角部に両側同時に現れることが多く,まれに片側にのみ生ずることもある。通常,皮膚に常在する細菌の感染がおもな原因であるが,その背景には糖尿病,低色素性貧血,抗生物質や副腎皮質ホルモン剤の長期投与,ビタミンB2群欠乏,高熱性疾患,重症慢性疾患による衰弱などの全身的誘因,あるいは唾液の分泌過剰,口腔乾燥等の局所的誘因があると考えられる。…

※「烏のお灸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

烏のお灸の関連キーワードブドウ(葡萄)球菌

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android