びらん

妊娠・子育て用語辞典の解説

びらん

粘膜のただれです。「その部分だけで、表面が少し荒れている状態」と考えればよいでしょう。

出典 母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授) 妊娠・子育て用語辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

びらん
erosion

俗にいう「ただれ」の状態。皮膚や粘膜あるいは角膜の上皮が欠損して限局的に消失し,結合織面が露出した状態をいう。欠損がさらに深くなると潰瘍といい,この場合は治癒しても瘢痕が残るが,びらんの場合は治癒すれば瘢痕は残らない。消化管壁にもびらんはできる。この場合も,壁の欠損が粘膜内に止まるものをびらんと呼び,欠損がさらに深層まで及ぶものを潰瘍といって区別している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

びらんの関連情報