口角(読み)コウカク

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐かく【口角】

〘名〙
① 口の両わきの上下のくちびるが合う部分。くちわき。
※あひゞき(1888)〈二葉亭四迷訳〉「眉をしわめたり、口角を引きさげたり」 〔李商隠‐韓碑詩〕
② 話すこと。また、話しかた。
※淡窓詩話(19C中)下「何ぞ彼等が不自由なる境界を羨みて、其口角を摹することをせんや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の口角の言及

【口】より

…これによって,ヒト特有の言語に伴う微妙な発音が可能になっている。【田隅 本生】
【ヒトの口】
 上唇と下唇から成る入口の裂け目を口裂といい,両者が左右で合うところを口角という。口裂から中に入ると,上下の歯列の前には口腔前庭があり,歯列の奥には固有口腔があって,その上方は口蓋,下方は口腔底といい,がこれより突出している。…

※「口角」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

口角の関連情報