コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏座 カラスザ

デジタル大辞泉の解説

からす‐ざ【×烏座】

南天の小星座。主な4個の星が小さい四角形を作る。5月下旬の午後8時ごろ南中する。四つ星。学名 〈ラテン〉Corvus

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

からすざ【烏座】

5月下旬の宵に南中する小星座。主な四星が不等辺四角形をなす。ギリシャ神話では、太陽神アポロンの使いの烏。二十八宿の軫しんに相当する。四つ星。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

烏座の関連キーワードギリシャ神話からす座

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android