烏飛(読み)からすとび

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 能楽「翁」で、シテの翁の退場後、三番叟(さんばそう)によって舞われる「揉みの段」で、「えい、えい、えい」の声をかけて跳びはねる舞の型。また、その時に囃(はや)す大鼓、小鼓や笛の手。
※歌舞伎・忠臣蔵形容画合(1865)「『狂言詞で鷺坂が、烏飛びして、ええ』ト伴内三番烏飛びの振にて下手へ這入る」
② 江戸時代、防火設備の一つ。棟の上に井げたを組み、天水桶を入れ、火たたきのほうきなどを備えたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android