無心宗・無心衆(読み)むしんしゅう

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 平安・鎌倉時代、宮中の行事で滑稽なしぐさを旨とする人々の集まり。特に和歌・連歌で、そのような作風を得意とする人々の集まり。
※富家語(1151‐61)「円融院歟一条院歟御時、於失雀院有心衆無心衆相分て無心党競馬装束して馬場に打出たりければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android