コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富家語 ふけご

百科事典マイペディアの解説

富家語【ふけご】

平安末期の説話集。1巻。抄略本は《富家語談》と称する。知足院殿,富家殿と呼ばれた関白藤原忠実の談話を大外記(だいげき)高階仲行が筆録したもの。中原師元の《中外抄》に引き続く形で,1151年から忠実死去の前年,1161年までの談話を収める。内容は故事有職故実が中心であり,《古事談》《続古事談》等の説話集の出典として重要。
→関連項目言談

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふけご【富家語】

説話集。高階仲行(1121‐79)が,富家関白藤原忠実の側近に侍して,忠実の語る故事や故事談を筆録したもの。1151‐61(仁平1‐応保1)の11年間に及び,その前約18年間の談話を筆録した大外記中原師元の《中外抄》2巻と,時期的には最後部がやや重なり,それを受けつぐ形になっている。従来《続群書類従》に収められて知られてきた《富家語談》は,この本の抄略本である。後の《古事談》は,この本から十数話を採った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

富家語の関連キーワード説話文学藤原実頼

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android