コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富家語 ふけご

2件 の用語解説(富家語の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

富家語【ふけご】

平安末期の説話集。1巻。抄略本は《富家語談》と称する。知足院殿,富家殿と呼ばれた関白藤原忠実の談話を大外記(だいげき)高階仲行が筆録したもの。中原師元の《中外抄》に引き続く形で,1151年から忠実死去の前年,1161年までの談話を収める。
→関連項目言談

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふけご【富家語】

説話集。高階仲行(1121‐79)が,富家関白藤原忠実の側近に侍して,忠実の語る故事や故事談を筆録したもの。1151‐61(仁平1‐応保1)の11年間に及び,その前約18年間の談話を筆録した大外記中原師元の《中外抄》2巻と,時期的には最後部がやや重なり,それを受けつぐ形になっている。従来《続群書類従》に収められて知られてきた《富家語談》は,この本の抄略本である。後の《古事談》は,この本から十数話を採った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

富家語の関連キーワード打聞集古今著聞集古本説話集今昔物語集説話文学捜神記日本霊異記話本げり言談

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone