コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無水亜砒酸 ムスイアヒサン

デジタル大辞泉の解説

むすい‐あひさん【無水亜×砒酸】

硫砒鉄鉱を焼いて得られる三酸化二砒素の俗称。白色の粉末。猛毒。砒素化合物、特に農薬の原料とし、またガラスの清澄剤に用いられる。化学式As2O3

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

無水亜砒酸の関連キーワード酸化砒素

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android