コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫砒鉄鉱 リュウヒテッコウ

3件 の用語解説(硫砒鉄鉱の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りゅうひ‐てっこう〔リウヒテツクワウ〕【硫×砒鉄鉱】

砒素硫黄からなる鉱物。斜方晶系。銀白色で金属光沢がある。菱形の断面をもつ柱状や塊状・粒状で産出。砒素の原料鉱石。毒砂。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

りゅうひてっこう【硫砒鉄鉱】

鉄・ヒ素の硫化物。三斜晶系に属し、黄色をおびた銀白色の金属光沢がある。黄鉄鉱・黄銅鉱などに伴って産する。毒砂どくさ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硫砒鉄鉱
りゅうひてっこう
arsenopyrite

ヒ素の鉱石鉱物としてもっとも普通のものの一つ。中~高温熱水鉱床気成鉱床接触交代鉱床スカルン型鉱床)中に産するほか、ある種の熱水交代起源の粘土鉱床の粘土(おもに白雲母(うんも)からなる)中に包有されて産する。自形は菱形(ひしがた)断面の斜方柱状ないし短柱状あるいは菱板状。日本では、大分県大野郡緒方(おがた)町(現、豊後大野(ぶんごおおの)市緒方町)尾平(おびら)鉱山の長柱状結晶の集合が有名。愛知県東栄(とうえい)町稲目(いなめ)鉱山ではいわゆるセリサイト(絹雲母=細粒の白雲母)中に良晶を産する。これらのほか、栃木県足尾鉱山、兵庫県生野(いくの)鉱山、埼玉県秩父(ちちぶ)鉱山などが産地として知られる。理想式FeAsSと比較して、ややヒ素や硫黄(いおう)の多いものもある。鉄の一部をコバルトが置換したものはデーナ鉱danaiteとよばれ、コバルトの鉱石鉱物として、奈良県十津川(とつかわ)村堂ヶ谷鉱山で稼行された。焙焼(ばいしょう)により有毒の三二酸化ヒ素の白煙を発する。英名は成分であるヒ素arsenicと、黄鉄鉱pyriteに類似した外観に由来する。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

硫砒鉄鉱の関連キーワード霰石硬石膏斜方晶系タンタル石銅藍毒重石白鉛鉱輝蒼鉛鉱珪線石錫石

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone