コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸化砒素 サンカヒソ

デジタル大辞泉の解説

さんか‐ひそ〔サンクワ‐〕【酸化×砒素】

砒素酸化物の総称。三酸化二砒素(通称亜砒酸・三酸化砒素、化学式As2O3)、五酸化二砒素(通称、無水砒酸・五酸化砒素、化学式As2O5)がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんかひそ【酸化砒素】

三酸化二ヒ素 As2O3 白色粉末状結晶。有毒で致死量0.06~0.2グラム。農薬・医薬・顔料(雄黄)・殺虫剤などに用いる。無水亜ヒ酸、俗に亜ヒ酸。
五酸化二ヒ素 As2O5 白色粉末で潮解性がある。に比べて毒性は弱く、遅効性。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

酸化砒素の関連キーワード無水亜ヒ酸無水亜砒酸制癌剤致死量殺虫剤医薬顔料毒性

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android